このページでは臭い玉の対策や予防について記しています。

 

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

くしゃみをしたり、鼻をンズズーとしたらたまに取れる白い塊
正式名称は膿栓(のうせん)といって、形容しがたいどくとくのニオイをしています。

 

さらに潰すととんでなく悪臭を放つ事から臭い玉とも言われています。

 

そんな臭い玉ですが口の中にあると口臭にも大きく影響するので無いに越したことはありません。

 

ではこの臭い玉への対策や予防はどうすればいいのでしょうか?

 

臭い玉、膿栓ができないように対策や予防する方法

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

こまめにうがいをする

こまめにうがいをすることで臭い玉ができる可能性が減ります。
口腔内を清潔にすることで細菌の繁殖を抑えるからです。

 

紅茶、緑茶には殺菌作用もあるのでそういったものを飲むのも臭い玉の予防になります。
水分を取ることで小さな臭い玉を一緒に飲みこめるからです。

 

臭い玉は無害化されているので、体内に入ってもほとんど害がないので大丈夫です。

 

鼻呼吸をする

呼吸方法を鼻呼吸にするだけでも臭い玉予防や対策に効果があります。
というのも口呼吸をすれば口腔内が乾燥しやすくなり細菌が増殖するリスクが高くなるからです。

 

鼻呼吸すれば鼻から息を吸う過程で鼻毛が細菌フィルターになってくれるので、ゴミを吸わずに加湿効果もあります。

 

また、朝起きたときに口臭が強烈だったり、口がネバネバするという人は寝ているとき口呼吸しているケースがほとんどです。

 

扁桃腺を切除する

病院で扁桃腺を切除してもらえば臭い玉ができる事はほとんどなくなります。

 

臭い玉ができる場所そのものを無くしてしまうので発生リスクを激減することができます。
口腔内の形状には個人差があり、臭い玉ができやすい人、たまりやすい人もいるので思い切って病院で治療するのも方法の一つです。

 

臭い玉ができやすい人ってどんな人

  • 体調不良な人
  • 普段口呼吸で口の中が乾燥している人
  • 寝ているときは口呼吸で寝ている人

 

こういう人達は口の中に細菌が増殖しやすくなるので臭い玉ができやすくなります。

 

臭い玉ができる事は免疫機能が働いているということ

 

臭いしなんでこんなもの出来るんだと思ってしまいますが、これはあなたの体が正常に働いている証拠でもあります。
なので怖い病気でもなんでもないので安心して大丈夫です。

 

臭い玉が見えない! いつもどこにあるの?

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

口をあけて、のどちんこの横にあるのが「扁桃(へんとう)」があります。
ここに「くぼみ」というか「穴」が数十個あり、ここに臭い玉が入っています。

 

この穴は腺窩(せんか)と言われだれにでもある穴です
この穴は体内に侵入しようとするウイルスや細菌をここで捕獲する為のものです。

 

ここに食べかすや細菌、白血球の死骸、脂肪酸などがたまる事で白い玉になりそれが臭い玉の正体です。

 

 

リステインやモンダミンで臭い玉のニオイは消せる?

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

口臭、歯肉炎などの予防もできる薬用リステイン

 

このリステインで臭い玉のニオイが消せるのかというとそれは不可能です。
口臭の原因が臭い玉によるものであるならこれを全部取ってしまわないかぎり意味がないからです。

 

もちろんへんとうの奥に入ってしまっているのでリステインのうがいでは取る事も難しいです。

 

リステインでできる事があるとしたらこれ以上臭い玉ができないように予防する事ぐらいです。

 

膿栓を取りたいときはどうしたらいい?

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

一番確実で安全なのは耳鼻科に行って取ってもらう事です。
耳鼻科にある高圧洗浄による治療でキレイにとってくれます。

 

医院によって価格は違いますが、初診で3000円前後、再審で500円ぐらいといったところです。

 

自分で除去 臭い玉の取り方

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

よくやるのが綿棒で押し出して取ってしまう方法です。
ただあまりやりすぎると扁桃腺を傷つけてしまう可能性があるのでやりすぎには注意です。

 

あと、のどちんこ辺りまで棒を入れるので嗚咽やオエってなりやすい人はやめたほうがいいでしょう。

 

 

自分で臭い玉を取る場合はこんな感じやれば取れます。

 

口の中はおもっているよりも暗いので強めのライトを口の中めがけて照らしてやるかもしくは先にライト機能が付いた綿棒やプラスチック製の耳かきがあればとりやすくなります。

 

デンタルシリンジで取る方法

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

アマゾンや楽天の通販で1000円ぐらいで買えるスポイトです。
もともとは歯の隙間に挟まった食べかすを水圧で押し出す為のものですが、これを使って喉の奥にある臭い玉を水圧で吹き飛ばしてやります。

 

ノズルの形状が少しカーブになっているので普通のスポイトよりも喉に使うときの相性はいいです。

 

ただこの方法は口から水がぼたぼたとこぼれるのでお風呂場などビシャビシャになってもいい場所でやるのがオススメです。

 

臭い玉はうがいでも取れる?

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

『オハうがい』で臭い玉が取れる事があるようです。

 

一時ネットで臭い玉がとれる方法というネタで話題にもなりました

 

やり方はとても簡単

 

1、水を多めに口に含む

 

2、オーハー オーハー と声に出しながらうがいをする
※ この時発音や口の形をはっきりさせると効果が上がる

 

3、カァーーと喉を鳴らすようにしてたんを出す

 

人によってはこの方法で簡単に取れるので気になる人は一度試してみてはどうでしょうか
ちなみに、イソジンや塩水、うがい薬でこのオーハーうがいをすると『臭い玉予防』としても非常に有効です。

 

 

臭い玉専用の口臭ケアグッズ

臭い玉の対策と予防方法|どんな人ができやすいの?

 

臭い玉のニオイや発生を予防する専用のケア商品も使う方法もあります。

 

1日3回、歯磨きの後でうがいをすることで口の中を爽快にしてくれます。

 

モンダミンやリステインのような刺激系とは違うので舌が痺れたりすることなく口の中をサッパリできます。